いろいろ考える年齢になってきました

これからの年齢は女性にとっていろいろなものが失われていくということがでてきます。

私もついにそういうことを考えないといけない事態になってしまったようです。

あげくの果て恐れていた42歳という年齢に達してしまいました。42歳になりはじめに心配なことというのは、やっぱり衰えていってしまう肌のたるみですよね。年輪を取るたびにスキンの再生システムであるターンオーバー能力が悪化してきます。

ターンオーバー力は真夜中ベッドの中でアクティブに働くのですが、太陽が出ている間のUV光の毀損されたセルのしみの根源となっているメラニン色素を排出しておニューな細胞と交換してくれます。

このたぐいの老化というのはあきらめようと思わざるをえませんが、このため私も気になっているのが酵素というものです。

酵素は動物が生命の灯火を燃やし続けていくのに不可欠で、水や空気のように欠くことはできません。

人体の内蔵にはじめからあるもので、消化や代謝などの支援をしてるんです。

その上基礎代謝を活発にもしてくれるから、ターンオーバーの能力も支えてくれるってなわけです。

だけど、酵素もまた憎たらしい老化でアラフォーを経過するあたりからしだいに少なくなっていくと言われています。

なので酵素サプリや酵素ドリンクなどで、わざわざ摂取していく必要が出てくるんですよね。

毎日のスキンケアでは真皮細胞の表から美容成分の注入や保湿はできますが、カラダの中の老化を防ぐにはSOD酵素やMAP酵素などの摂取が必要になるんですよね。

私自身はすぐにきづいたので、この先はどしどし年齢より若く見える地肌を最終目標にしていくんだからね。

永久に美魔女な女性だねって言わせるように精進します。

http://khole-sencrenz.xyz/

Both comments and pings are currently closed.