人生変わる習慣

一般的に、筋肉の量は30歳をピークに年に1%ずつ減少します。
よく、「体力が落ちた」と言いますが、多くの場合、筋力の衰えが体力の低下を引き起こしています。
50歳を過ぎたら、今までの当たり前の生活を維持するためには、全ての人に筋トレが必要です。
といっても、ジムに通ったり、重いダンベル体操などすることはありません。

筋肉は年齢や性別に関係なく、鍛えれば鍛えただけ強くなります。
80代のある女性は当初、つえをついて歩いていましたが、太ももとお尻を鍛えて4か月後に、杖なしで歩ける状態になることができたということです。

筋トレは「人生が変わる習慣」と言えるのではないでしょうか。
アンチエイジングには酵素がいい!
自宅でできる筋トレは
①スクワット・・10回3セット
②もも上げ足ふみ・・20回3セット
③クランチ・・仰向けで膝を曲げておへそを覗くように腹筋 12回3セット
④足組みツタンカーメンブリッジ・・仰向けで足を組み、片足のかかとと左右  の肩甲骨の3点で体を支えお尻を浮かせる。両足とも45秒1セット
⑤椅子に座って足首バタバタ・・左右20回3セット
⑥椅子で屈伸・・椅子に浅く座り足首を組む。下側の脚をゆっくり伸ばす。上  側の脚は脱力。反対側の脚も同様に。左右とも12回2セット

Both comments and pings are currently closed.